クモハ73の部屋

ちょっと鉄道が好きなオジサンのショーモナイない一人言です

ついています。

1本早いのに乗れました。

 新千歳空港10時発の電車(電車です)に乗れたので、南千歳に10時3分に着き

 ました。室蘭へ向かうのにはそこで函館行きの特急に乗り換えるのですが、

 10時南千歳を出発予定の特急に運良く乗る事が出来ました。特急が若干遅れて

 いた為に間に合ってしましました。

 乗り換えが向かいのホームと言う事もラッキーでした。

 室蘭に着くのはお昼位ですので、若干観光をして、名物のカレーラーメン

 食べようというのが目的です。

 乗った特急は電車では無く、ディーゼル起動の気動車です。加速する時にブーン

 というエンジン音がします。途中降り遅れた人が居てその対応で更に遅れ、東

 室蘭には、11時頃到着しました。室蘭に行くにはそこから乗り換える必要があり

 ます。11時21分の気動車(列車という表現もありますが、1両なので列になってま

 せん)に乗ります。 

f:id:hoki2500:20190506141026j:plain

列車全編成

 気動車国鉄時代からの古豪キハ40系です。しかも北海道色です。今回一度は乗って

 みたいと思っていましたので、ラッキーです。

 中は昔のままの対面座席と車両の前後が一般通勤電車と同じ長椅子です。しかも

 非冷房車、地球温暖化の影響で北海道も暑い日がありますので、夏はしんどい場面

 も出てきそうです。

 乗車12分で室蘭へ着きました。路線の距離では7キロです。車窓風景はやはり工場が

 目立ちます。

 カレーラーメンを求めて室蘭をウロウロ、しかし、繁華街を見ても全く見つかり

 ません。お店自体も開いている所が見つかりません。いわゆるシャッター商店街

 です。その中で辛うじて開いているとんかつ屋を見つけて食事をしました。

 時間を潰そうにも車が無いと周辺の観光地にも行けず。早々に室蘭を後にしました。

長万部

 特急に乗り14時30分過ぎに長万部に着きました。ここは毛ガニが有名な所です。

 

f:id:hoki2500:20190506144355j:plain

ここにも令和記念の顔はめが有りました。

 しかし、今年は毛ガニが不漁との事、長万部カニ飯も心配です。宿のチェックイン

 までには30分時間がありますので、近所をウロウロする事にしました。

 カニ飯のかなや盛況です。駐車場一杯です。

 2~3年前までは特急の車内で売り子さんに注文すると出来立てのカニ飯を長万部

 受け取れるサービスが有りましたが、今は車内販売のサービスが無くなり、カニ飯を

 列車の中で食べる事は出来なくなりました。その代わり、車でかなやのお店まで

 行ってお弁当を食べています。かなやには列車の車内を模した食事する所があります

 ので、そちらで食事をすれば駅弁気分を味わう事が出来ます。

 時間を潰して宿に向かいました。何回か行っている宿ですが、駅から歩きで行くのは

 今回が初めて、駅の観光協会に地図を貰い、地図とにらめっこしながら宿へ。

 なんとかたどり着く事が出来ました。

 宿は設備は古いですが、なかなか良い宿です。風呂は温泉(温泉なのでなめると

 ショッパイです。)また、食事も中々の内容です。毛ガニも小さいけどついてます。

 (不漁なので付いているだけで良しです)

 

f:id:hoki2500:20190506151036j:plain

ちょっとピンボケですが…

 この内容でビールもつけて1万円でおつりが来ました。

 (但し朝飯は無いプランです)

 朝6時の列車?(1両?)に乗るので早々に寝ました。